ベラジョンカジノの運営会社が変わったその後の変化は?

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは2020年に運営会社が変わっており、これまで運営していた会社とは名義が変わっています。これはベラジョンカジノの身売りが行われたという説もありましたが、実は全く違うもので、安心できる変更だったのです。

この記事では、ベラジョンカジノの運営会社が変わった背景について説明します。

また、この変更で一緒に変わった要素についても解説します。

ベラジョンカジノの運営会社は変更されている

ベラジョンカジノは、2019年まではDumarca Gaming Limitedという会社が運営していました。

2020年1月以降はBreckenridge Curacao B.Vという会社に運営が変更されており、運営の方針に注目が集まっていました。

運営会社が変更された背景は、現在運営しているBreckenridge Curacao B.Vが親会社から独立し、独自の経営環境を得たことにあります。

これにより名義の変更が必要となったため、会社が変更されたのです。

 

実際の運営状況に影響は全くありません。

今まで通りの運営が行われているので、全く気にする必要はないでしょう。

また、ベラジョンカジノの質が落ちているといった問題もないため、基本的にこの変更は成功していると言えます。

運営会社の変更と同じく変更された要素

Breckenridge Curacao B.Vに運営会社が変更されたことで、他にも変更されている要素があります。

1つは取得しているライセンスがマルタ共和国からキュラソーに変更されたことです。

今までは最高クラスの信頼性を誇るマルタのライセンスを利用していましたが、Breckenridge Curacao B.Vがキュラソーのライセンスしか持っていなかったため、ライセンスがキュラソーに変わりました。

この影響で、多少ですがライセンスの信頼性は薄れてしまいました。

 

また、ベラジョンカジノと同じ会社が運営しているインターカジノについても、運営会社がBreckenridge Curacao B.Vに変更されました。

インターカジノも会社が変わっただけで、運営の方針や質は変わっていませんので、特に気にする必要はないでしょう。

同時にベラジョンカジノとインターカジノは同じ会社が運営していると正式に判断できる要素が増えました。

まとめ

ベラジョンカジノは運営会社が変更されたことで、これまでと違う方針での運営が行われているわけではありません。これまでと同じように、安心してオンラインカジノで遊べるような運営が続けられています。ただ名義とライセンスが変わっただけで、オンラインカジノ自体の変化はほぼないのです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました