ベラジョンカジノから出金できないケースとは?

ベラジョンカジノ

今回はベラジョンカジノから出金できないケースがあるので、そこを追求していきます。

せっかくゲームで100万円勝利したのに、それが出金できないとなったときは凄く焦ると思います。本来なら一度でもそんな事があってはならないはずなのに、最も重要な瞬間でもあるし、信用にも関わりますよね。

ですが、実際に過去にはベラジョンカジノから出金できない人もいたんです。

どういうケースだったのか見ていきましょう。

【アカウントの認証問題】

ベラジョンカジノでは初回出金時には必ず本人確認書類の提出が必要となります。

それはアカウント登録者と同一人物である証明のためであり、あなたの受け取るべきお金を他人に取られないようにする処置なんです。

もし、ベラジョンカジノ登録者がAさんなのに、Bさんから出金申請がされた場合にこれが通ってしまうと世界規模で重大な大問題案件となってしまうわけです。

 

ベラジョンカジノ運営側としてもこれだけは絶対に避けなければならないレベルのインシデント発生とみなされます。

本来の登録者であるAさんのアカウントを使って、Bさんが出金されるというのは端的に考えても「アカウントの乗っ取り」「横領」「Aさんが気付いていない」「アカウントのなりすまし」「マネーロンダリング」などが考えられますよね。

これらが行われたとするとベラジョンカジノ側もライセンスの剥奪など重大な損失を受ける可能性が出てしまい、そのためにベラジョンカジノも絶対に避けたい事項というわけです。

 

なので、Aさんがベラジョンカジノから安全に出金するためには、「Aさんの本人確認書類」「Aさんの現住所確認書類」の2つを送信さえしておけば第三者であるBさんが出金申請したところで「あなた誰ですか?」とBさんを弾いてくれるんです。

 

ここで問題となるのが、ベラジョンカジノに登録されたAさんの本人確認書類と現住所確認書類が『アカウント登録時と異なる場合』、スムーズに出金できないケースが生まれてしまいます。

ベラジョンカジノ側も出金したいのは山々だけど、「あれ?Aさんで本当に合ってるのかな??」と混乱させてしまうわけ。

このような100%確実な本人確認ができないときに、出金できないケースや、中にはアカウント凍結されるケースが出てくるんです。

また、ベラジョンカジノに普段と違うパソコンやスマホからアクセスすると、IPアドレスが違うことを認識できるので、これも怪しく見られるので気を付けましょう。

 

『アカウント凍結から復活する方法は?』

ベラジョンカジノでアカウント凍結されたら、多くの場合はカスタマーサポートに連絡して弁解すればアカウント復活してもらえます。

登録時と、出金時のプレイヤー情報が完全一致さえしていれば問題無いです。

 

同一プレイヤーが複数アカウントを所持した場合もすぐバレるので、悪いことは考えない事です。

ベラジョンカジノの強制的なアカウント凍結などは、プレイヤーがズルを考えていたり、裏側の手口で悪いことを考えていたり、そのような人物を除外するための処置でもあるので、誠実に本人確認書類など送っておけば大抵はベラジョンカジノから普通に出金できるはずです。

 

【ボーナスには出金条件がある】

ベラジョンカジノでは初めて入金されたときにもらえる初回入金ボーナスがありますが、出金条件を満たされていない状態で出金申請をしても出金されないケースに繋がります。

 

まず、ベラジョンカジノにはキャッシュとボーナスの2種類があります。

キャッシュとは入金した現金そのもの、100ドルとか200ドルのことですね。

 

ベラジョンカジノのボーナスは最高1000ドルまで貰えて、初回入金の100%分のボーナスが与えられます。

100ドル入金なら100ドルボーナス付与、500ドル入金なら500ドルボーナス付与、と言った感じです。

そして、ボーナス出金条件は20倍です。

これが何を意味するかと言うと、100ドル入金時のボーナス100ドルを出金したい場合は、20倍の2000ドルを賭ける必要があります。

 

勘違いされやすいのですが、2000ドルを入金ではなく、2000ドルは賭けた合計金額です。ベラジョンカジノでプレイすると勝ち負けを繰り返すので、キャッシュは増減を繰り返すわけです。

 

100ドル賭ける(残高0)

300ドル勝つ(残高200ドル)

80ドル賭ける(残高120ドル)

120ドル勝つ(残高240ドル)

60ドル賭ける(残高180ドル)

負ける

 

となったときに、賭けた合計金額は100+80+60=240ドルですね。

入金したのは最初の100ドルだけど、最終的に収支プラスとなって残高は180ドル残ってますけど、総額で240ドルを賭けてきたわけです。

こんな調子で2000ドルまで達したら初回入金ボーナスの出金条件である20倍を達成できたとみなされるということです。

賭けてきた履歴はベラジョンカジノのマイページから確認できます。

つまり、ベラジョンカジノの出金条件を満たすには、「たくさん入金してね」ではなくて「たくさんプレイしてね」という意図があるのだと分かりますよね。

 

【入金方法と出金方法が異なるケース】

ベラジョンカジノにまだ慣れてない人にありがちな出金できないケースですが、入金時と出金時に異なった手段を使おうとすると出金できないものがあります。

昔は入金方法も2つ3つと少なかったので、それほどこのトラブルは起きにくかったのですが、最近のベラジョンカジノでは入金方法も種類が増えたので、こういう話がちょくちょく起こってます。

 

ベラジョンカジノにクレジットカードで入金された場合は銀行振込で出金ができますが、注意したいのはecoPayzなど電子マネーで入金した場合は出金も同じecoPayzなどを指定しないと出金できないんです。

つまり、入金はecoPayz、出金はアイウォレット、みたいなことがNGです。

これも本人性確認の一環かもしれないですが、多くのオンラインカジノでもそのようになっているのが多いので、もう覚えておきましょう。

【出金には上限と下限がある】

これもまだベラジョンカジノに慣れてない人あるあるですが、出金するには最低出金額と最高出金額が設けられています。

つまり上限と下限です。

多すぎても少なすぎてもダメってことです。

ベラジョンカジノの出金限度額はこのようになっています。

決済手段 最低額 最高額
銀行送金 10ドル 45000ドル
ecoPayz 50000ドル
ヴィーナスポイント 20000ドル
マッチベター 50000ドル
仮想通貨 20ドル 100000ドル

(時期によって変化あり)

 

これはベラジョンカジノがあくまでも一般人向けのカジノで売っているところがあって、遊べる金額の範囲内で抑えておきましょうねというメッセージもあります。

やはりギャンブルなので、中にはアツくなっていって、入金はクレジットカードでも可能なのでジャンジャン入金してしまう人も出てくるんです。

賭け金が増えれば払い戻しもそれなりに増えるので、勝った時に高額の出金を求める人も出てきて、だけど最高出金額に引っ掛かったせいで出金できないって騒ぐわけです。

ベラジョンカジノでそれなりに大きく勝負したい人は仮想通貨での出金なら最高10万ドルまで対応できるようになったので、かなり立ち回りやすくなったと言えますね。

 

以上、ベラジョンカジノから出金できないケースについて書いてきましたが、ほとんどの場合がこれらに該当しているはずですので、改めてチェックしておきましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました