ベラジョンカジノのバカラは果たして勝てるの?

ベラジョンカジノ

破滅だとか、カジノの魔物とも比喩されるゲームがバカラです。

一見すると変哲の無いただのトランプゲームですが、バカラにお金が賭けられると変貌する魔力が潜んでいます。

ですが、それはまたベラジョンカジノでも人気を高める要因ともなっていて、数億円が動くほどの展開を見せることもあるんですから無視できませんね。

【バカラの概要】

 

バカラがどういうゲームなのかと言うと、単なる丁半博打ですが本場のカジノでも大勢が熱中するゲームです。

奇数 or 偶数のように「バンカー or プレイヤー」のどちらが勝つかを予想する50%勝負なんです。

ブラックジャックのように頭で考えるような要素はほとんど無いです。

 

配当金は、プレイヤーに予想して勝てば2倍、バンカーに予想して勝てば1.95倍です。

バンカーの残り0.05倍の分が仲介の手数料にされますが、どちらかが勝つ確率を仲介は操作する事なんてできませんので、単純に2択勝負です。

滅多にありませんが、引き分け(タイ)で予想して勝った場合には8倍の配当金となります。

 

【バカラのルール】

ゲームを進める担当者であるディーラーが、プレイヤーとバンカーのそれぞれにカードを2枚ずつ配ります。

バカラで言うプレイヤーとは、あなたの事ではなく、単なる役割としての存在です。

AさんとBさんのように分けているだけです。

 

カードは最高3枚で合計の数を競います。

下1桁が大きいほうが9に近いほうが勝ちです。

10、J、Q、Kはいずれも10でカウントされます。

 

例えば、2枚のカードが配られたとき、プレイヤーが7と9だったとします。

7+9=16

ですが、バカラでは下1桁だけを見るので、この場合の数字は6になります。

 

一方、バンカーのカードが8と1だとします。

8+1=9

なので9として見るので、この勝負はバンカーの勝ちです。

 

このゲームを傍から見ていたあなたはバンカーが勝つほうに予想できていれば当たりです。賭け金の1.95倍があなたに支払われます。

ルーレットでは00に入ったときに予想できていなければディーラーに没収されますが、バカラでは引き分けのとき、賭け金が払い戻される、つまりノーカウントゲームということでプラスマイナス0になるため、安心感があります。

 

【バカラで3枚目のカード】

2枚のカードの合計が9に近いほうが勝つバカラですが、9に届かないときに3枚目のカードを引くようになります。

プレイヤーとバンカーでは少々条件が異なります。

 

「プレイヤーが3枚目のカードを引く条件」

2枚の合計 行動
0,1,2,3,4,5の場合 カードを引く
6,7の場合 スタンド(引かない)
8,9の場合 スタンド(引かない)

 

「バンカーが3枚目のカードを引く条件」

バカラでバンカーが3枚目のカードを引くのは、プレイヤーのカード次第になります。

このルールはディーラーが覚えてさえいればゲーム自体は進行しますし、あなたが頭を使うところでもないので、結果を見守るだけです。

 

【バカラの勝ち方とは】

バカラはここまで見てきたように、あなたは特に何をするわけでもなく、プレイヤーとバンカーのどちらが勝つかを予想して賭けるだけのシンプルなゲームです。

 

引き分けには賭けなくて良いです。というか賭けないほうが良いです。

8倍の配当金が魅力的だという声も出るのですが、引き分けになる確率は約9%です。

この低さに対して8倍の配当金というのはかなり割に合わない計算なのです。

 

そして、バカラを本気で勝ちたいという方は、罫線を学んだほうが良いです。

罫線とは、バカラの実戦データ、過去の履歴になります。

株式投資しかり、FXしかり、パチンコのデータしかり、ギャンブルには多くに過去の履歴を参照にして波を予想しますよね。

次がどちらに転ぶのか、という点でやはり罫線はバカラでの重要ポイントになります。

むしろ罫線がないとそれこそ全く頭を使うことがなくなり退屈ですが、罫線があることで色んな予想を自分の頭の中で考えるようになります。

そこに魔物が潜んでいるわけですが、バカラは1ゲームあたり青天井なこともあり、100万円でも1000万円でも賭けられるので、たったの1ゲームでも心臓がバクバクになるんです。

 

バカラは1ゲームあたりに要する時間はほんの30秒で決します。

それを何十ゲーム、何百ゲームと繰り返すだけなので、罫線の重要性は大きいですよ。

ベラジョンカジノでもバカラは何種類もありますが、罫線が見られるので本場のカジノに行く前に試していくと良いですよ。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました